iStock-1173149385.jpg

Archer Engageによってリスク管理を合理化

risk management mobile device

Archer Engageは、組織全体のビジネス ユーザー、経営幹部と取締役会メンバー、およびサード パーティ向けの合理化されたユーザー エクスペリエンスを実現します。

リスク管理は、もはやリスク管理者だけの役割と責任ではありません。最近のGartnerの調査によると、回答者の60%がリスクに関する意思決定を行う人員の数が過去1年間で増加したと考えています。
 

Archer Engageは、さまざまなステークホルダーをエンタープライズ リスク管理に参加させるという重要なニーズに対応します。組織全体のビジネス ユーザー、リスク管理への関与度と関心度を高めている経営幹部や取締役会メンバー、リスク プログラムに情報を提供する必要のあるサード パーティに合理化されたユーザー エクスペリエンスを提供することにより、Archerのメリットをリスク担当者以外のユーザーにももたらします。Archerのお客様は、リスク分析と対応にフォーカスした直感的なユーザー エクスペリエンスを実装することで、徹底したトレーニングを受けなくても、必要なデータ、ツール、およびコンテキストに簡単にアクセスできます。部門横断的な主要なステークホルダーからシンプルかつ効率的な方法で収集されたリスク データは、Archerプラットフォームに取り込まれ、分析と対応に役立てられます。

ux.png

最新かつ直感的なユーザー エクスペリエンス

Archer Engageは、利用頻度の低いユーザー向けに最新のコンシューマー アプリのような操作性を実現することで、企業のリスク管理に積極的に関与できるよう支援します。

Bitmap.png

リスクの全体像を把握するための重要なデータを収集

Archer Engageで収集したデータは、メインのArcherに直接取り込まれます。これにより、戦略的なビジネス上の決定をサポートする上で必要な、より完全で正確な状況把握が可能になります。

collaboration.png

幅広いステークホルダーの参加

Archer Engageでは、部門の枠を超えた主要なステークホルダーとサード パーティからリスク データを合理的に収集して、分析と対応に役立てることができます。

risk management for business users screenshot
risk managment for business users mobile device

ビジネス ユーザーは、迅速かつ容易にアセスメントを実施し、リスク管理活動を開始することができます。

リスク管理を自分の主な役割と考えていないビジネス ユーザーも、Archer内でのポリシーや統制の確認など、リスク関連業務に従事する必要があります。Archer Engageのユーザー エクスペリエンスにより、四半期ごとの定期アセスメントの実施や特定の調査結果のレビューしか行う必要がない、利用頻度の低いビジネス ユーザーにとっての複雑性が軽減します。

 

Archer Engageにより、ビジネス ユーザーは、所有するデバイスまたは管理する施設でモバイル向けに最適化されたユーザー インターフェイスを使用して、シンプルなアセスメントをすばやく簡単に実施することができ、リスクの特定やインシデントの報告などのリスク管理活動も実施することができます。ビジネス ユーザーは、監査要求に迅速に対応し、証拠を提供することができます。リスク担当者は、使いやすいフォームを使用して単発的または定期的なリクエストを作成し、組織内の全員からデータを収集することができます。リスク、コンプライアンス、およびセキュリティの各チームは、統制から証拠を収集し、統制の証明またはアセスメントを実施できます。